かつて、「徐福」という人物がこの地に訪れたと思うと

何か感じるものある。